此页面上的内容需要较新版本的 Adobe Flash Player。

获取 Adobe Flash Player

   
 
天壇概況
総合概況

天壇は明?清両代の皇帝が「天の神を祭り」、「五穀の豊穰を祈った」場所である。全体は「北円く南四角い」を呈しているが、これは「天は丸いもので、地は四角のもの」という天地意識から考え出されたものであるという。天壇は城壁によって内壇と外壇の2部分に分かれ、総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇の中に集まっている。
内壇はまた南北の両壇に分かれる。祈年殿を中心とする北壇の「祈穀壇」は、毎春の五穀を祈る場所として用いられ、「園丘」を中核とする南壇の「園丘壇」は、毎年の冬至の日に天の神を祭る場所である。両壇は長さ360メートルの、地面より高い「丹陛橋」でつないでいる。これは天壇の南北を貫く長さ1000メートルに及んだ中軸綿の一部となっている。大道の両側は樹齢の長い柏の老木が生い茂る。
西天門内南側の「斎宮」は、昔の皇帝が精進する期間中の居所で、西部の外壇にある「神楽署」は、祭祀楽の練習と演奏を司るところである。壇内の主要建築は祈年殿、皇穹宇、斎宮、無粱殿、長廊のほか、また回音壁、三音石、七星石などの旧跡もある。

 
    北京市天壇公園管理処のページは著作権を所有します 京ICP备08100203号